多摩武蔵野の情報誌サイト タチカワオンライン − 日帰り温泉、美容室、グルメ、ショップ、美術館、酒蔵、ウォーキング、コラム
立川 八王子 多摩 町田 府中 調布 狛江 三鷹 武蔵野 小金井 国立 国分寺 青梅 あきる野 奥多摩 福生 その他エリア
シーズン情報 湯めぐり ウォーキング 美術館・博物館 ビューティー ショップ アウトドア プール 花火 イルミネーション イベント

多摩武蔵野ウォーキング
 
町田市  MACHIDA 
  薬師池公園・七国山
やくしいけこうえん・ななくにやま 
花と緑と歴史に触れる、自然いっぱいの花園&丘陵ウォーキング

町田市の中央を貫く鎌倉街道周辺には、美しい庭園が広がる薬師池公園を中心に、花や緑を楽しめる花園が数多く点在する。その西方には自然豊かな丘陵地帯が広がり、歴史ある旧街道や郷愁漂う素朴な田舎道が今もなお残っている。季節ごとに花開く花園のシーズンに合わせて、雑木林や農道を行く土の散策道に心癒されながら、自然満載の丘陵ルートを歩いてみてはいかがだろうか。一日では全ての施設を見て回れないほど、見どころ盛り沢山の行楽エリアだ。

 
 
全長

約4.8キロ

所要時間
約2.5時間
Access :電車
小田急線町田駅北口より本町田経由鶴川駅行きバス、または本町田経由野津田車庫行きバスで「薬師池」下車
Access : 車
町田駅から国道18号線(鎌倉街道)で約15分
おすすめ
シーズン
4〜5月の花園オープンシーズンがおすすめ
 
 
 
1 町田駅北口
 ↓
バス15分
2 薬師池バス停
 ↓
徒歩3分
3 薬師池公園
 ↓
徒歩3〜10分
4 町田リス園・えびね苑
 ↓
徒歩30分
5 町田ダリア園
 ↓
徒歩5分
6 七国山・鎌倉街道碑
 ↓
徒歩1分
7 鎌倉古道
 ↓
徒歩30分
8 ふるさと農具館・町田ぼたん園
 ↓
徒歩30分
9 自由民権資料館
 ↓
徒歩5〜15分
10 袋橋バス停・国本学園前バス停
 
 
 

 薬師池公園    季節の花を楽しめる風光明媚な憩いの庭園

 
薬師池バス停でバスを降り、鎌倉街道をそのまま北へ数分歩くと、左手に薬師池公園の正面入口が現れる。入口から延びる緩やかなスロープを下れば、たちまち街道からの騒音は遠のき、草木に彩られた緑豊かな公園の風景が辺りいっぱいに広がる。まずは、この公園の中心部に位置する薬師池が目に入ることだろう。新緑の鮮やかな緑を水面に映し、静かにさざ波を立てている水辺は、清々しく心落ち着く風景だ。
この池は、かつて福王寺溜井と呼ばれた江戸時代成立の水田用水池で、長さ70間(126メートル)、横28間(50.4メートル)の規模があり、寛永年間(1624〜43年)に開拓されたと伝えられている。その後、宝永4年(1707年)、富士山の噴火による降灰で一度埋まり、3年に渡るさらい普請が行われた。薬師池とは、園内西側の雑木林の斜面に建つ野津田薬師堂のほとりにある池という意味。現在では「福王寺旧園地(薬師池公園)」として新東京百景にも選ばれており、町田を代表する名勝地となっている。
米軍横田基地 米軍横田基地
薬師池公園
住所 東京都町田市野津田町3270
電話 042-793-7611
入園料 無料
開園日時 6時〜18時開園
(6〜8月は19時まで)
 
池には太鼓橋が架かっており、公園に散歩に来ていた親子連れや中高年の夫婦が、橋の上から池の水面を楽しそうに覗き込んでいた。早速、太鼓橋の上を渡ってみると、なるほど、そこには鯉や水鳥に混じってちょっと珍しい生き物が泳いでいた。
水面をプカプカ浮き沈みしながら泳いでいるのは、なんと亀だった。ざっと20匹くらいはいるだろうか。大小の亀が4本の足をバタつかせ、なんとも地味に泳いでいる。親亀の隣にはげんこつ大の小亀も泳いでおり、ほのぼのとしたのどかな光景に心癒される。池の上には鳥たちの休息所となる浮島も浮いており、鴨やアヒルが羽を休め、のんびりとうたた寝をしているようだ。
鯉と一緒に泳ぐ亀
対岸の林は梅林となっており、初春に花開く紅白の梅の花が薬師池の冬枯れの景色を毎年美しく彩っている。また東側の広場には藤棚もあり、5月に咲きほころぶ藤の花も鮮やかで情緒がある。

3月中旬の梅園
 
緑豊かな清々しい散策道
園内では写生をする人々の姿も見かける
藤棚のそばにある売店
「やくし茶屋」で抹茶やあんみつ、
薬師だんごはいかが?
 
薬師池から梅林の脇を通り、西側に広がる雑木林の斜面の道を登っていく。赤い奉納の幟がはためく参道を辿っていくと、斜面の奥に野津田薬師堂の立派な木造の社が現れる。
野津田薬師堂は、天平年間(729〜749年)に行基が開基したといわれ、その後室町時代に荒廃したが、元亀4年(1576年)に僧興満が暖沢に再興し、福王寺薬師堂と称した。現在の野津田薬師堂の建物は、明治16年(1883年)に再建されたもの。本尊の木造薬師如来坐像は、像高70.6センチメートルの欅材の一木造で、平安後期から11世紀ごろの作と考えられており、1987年には市の有形文化財に指定され、町田市屈指の古い仏像として現代に伝えられている。
  本堂に施された細かい木彫りの彫刻と、参道脇に生え伸びるイチョウの大木が見事。天蓋のように枝葉を広げるこの立派なイチョウの木は、町田市名木百選にも選ばれている。
薬師堂への参道
野津田薬師堂
野津田薬師堂
本堂の見事な彫刻
ダイナミックなイチョウの大木
 
薬師池公園内には、町田市や近隣市より寄贈された古い民家を移築復元しているほか、花菖蒲園の脇には水車小屋や釣瓶井戸もある。
 
昭和12年製作の薬医門 上掛け式水車 釣瓶井戸
旧永井家住宅。茅葺き、寄棟造で、都内では最古に属する農家の住宅。国の重要文化財。   旧荻野家住宅。幕末期建築の茅葺き、入母屋造で農村部の医家の住宅。東京都指定有形文化財。
 
また、クヌギやコナラの雑木林に囲まれた自然豊かな園内には、広大な花園がいくつもあり、椿園や花菖蒲園、アジサイ園、萬葉草花苑、ハス田など、季節ごとにそれぞれの花が開花し、一年を通じてあらゆる種類の花を楽しむことができる。

[写真上] 
2200株の花が咲く花菖蒲園



[写真左] 
自由民権の像

[写真右] 
フォトサロン「秋山庄太郎美術館」もある
 

 町田リス園・えびね苑からダリア園へ    花園を巡り、ノスタルジックな田舎道を歩く

町田リス園
住所 東京都町田市金井町733-1
電話 042-734-1001
入園料 中学生以上400円
小学生以下200円
開園日時 10時〜17時(季節により変動あり)
休園日:火曜日(変動あり)
薬師池公園から南側の散策道を通り、西側に広がる山林や農地を迂回しながら、七国山を目指して歩いてみよう。薬師池公園の正面入口を出たら、そのまま鎌倉街道を南へ。途中、左手に「町田リス園」があり、かわいらしいリスの絵の看板と家族客の姿が目に入る。リス園を過ぎるとすぐに、薬師池公園の外縁を囲む散策道が右手に出てくるので、その小路へと入ろう。散策道を入る前に「町田えびね苑」に立ち寄りたい場合は、鎌倉街道をさらに500メートルほど南へ。開園シーズンは、毎年4月下旬から5月上旬の間と短いが、苑内の山林に群生するエビネ、キエビネ、タカネエビネなど、約10万株のエビネの種類を観賞することができる。
町田えびね苑
住所 東京都町田市本町田3129-5
電話 042-793-7612
入園料 大人300円
小中高生100円
開園日時 毎年4月下旬〜5月上旬に開園
9時半〜16時まで
 
散策道を辿っていくと、左手に雑木林が広がり、そのうち農地が見えてくる。右手に続いていた黒い鉄柵が途切れ、薬師池公園の裏口が出てくるところで道は急に細くなるが、そのまま真っすぐに進む。この裏口は野津田薬師堂の裏手にある出口なので、薬師堂から直接この出口を出てきてもいいだろう。細道を進むと、静かな住宅街の舗道に出る。
  舗道を道なりに南へ向かって歩き、そのうち道が二手に分かれるので右へ。しばらく砂利道の農道を歩くが、時々現れるこんな田舎道がウォーキングには心地よい。再び舗道に出たら、そのまま道なりに進む。しばらくすると、漸く左手に「町田ダリア園」の入口が見えてくる。
薬師池公園の外縁の道 野津田薬師堂出口からの細道
二股の分かれ道を右へ 砂利道の農道
町田ダリア園
住所 東京都町田市山崎町1213-1
電話 042-722-0538
入園料 大人350円
小中学生150円
開園日時 毎年6月〜11月に開園
9時半〜16時まで
 
 七国山・鎌倉街道碑    七つの国を見渡す山から丘陵の中の鎌倉古道へ
町田ダリア園を過ぎ、道が二手に分かれるところで右へ入ると、民家の建ち並ぶ中に、突如として草木の生い茂る薄暗い林道の入口が現れた。ここが七国山への入り口だろうかと、不思議な気分で林道を入っていくと、ほんの数十メートル先の道の脇に「七国山 鎌倉街道の碑」の石碑をみつけた。
七国山は、標高128.4メートルの山で、かつては相模、甲斐、伊豆、駿河、信濃、上野、下野の7つの国を眺めることができたことから、峠にその名が付けられたという。現在、この石碑のある場所は切り通しの道のため遠方の景色は見えないが、昔はこの峠を通るたびに、人々は眼下に広がる遠くの国々の景色を眺め、さまざまな思いを巡らせたに違いない。ここは鎌倉から町田、府中、所沢を通り高崎へとつながる鎌倉街道上ノ道の古道跡。石碑のそばには、鎌倉時代に掘られたという古い井戸が残っており、かの新田義貞が元弘3年(1333年)に鎌倉攻めの軍を率いて通行した際、ここに井戸を掘り、軍馬に水を与えたと伝わっている。
鎌倉古道の脇に現れた古井戸
七国山 鎌倉街道の碑
ここからは、少し回り道だが、鎌倉古道の続きを歩いてみることにした。「鎌倉街道上ノ道」の標識のある左側の林道へと入っていく。鬱蒼と繁る草木がまるで過去の風景のようにも見え、この道を昔も軍馬や商人、旅人たちが通ったのだろうかと思うと、なんだか気分が高揚してきた。新緑の間から木漏れ日が降り注ぎ、時折、鳥の声が木立に響く。この辺りの雑木林は緑地保全地域で、多摩丘陵の豊かな自然が存分に残されており、古道といえども緑地の散策道としてきれいに整備されている。
「七国山緑地保全地域案内図」が出てきたところで、右へ折れる上り坂の細道へと入ろう。獣道のような細い小径を辿っていくと、七国自然苑入口前の舗道に出るので左へ。標高の高さはその辺りがピークとなり、道はだんだんと下り坂になっていく。
  「鎌倉街道上ノ道」の古道  
 
 ふるさと農具館    自家栽培の菜の花と蕎麦を伝統の製法で名産品に
車も通る広い舗道を北へ向かって下っていくと、途中見晴らしのよい坂道から遠方の街並みが見える。少しだけ七国を一望する気分を味わったら、七国山ファーマーズセンターで少し休憩。その後、再び坂道を下ると、ふと道の両脇に菜の花畑が現れた。季節を過ぎてしまっていたので、花はほとんど見られなかったが、満開時はさぞかしきれいな風景だろうと想像できる。菜の花畑の北側には、この畑とつながりのある「ふるさと農具館」が建っている。
坂の上から見える遠方の街並み 菜の花畑
ふるさと農具館
住所 東京都町田市野津田町2288
電話 042-736-8380
入館料 無料
開館日時 9時半〜16時半
(12月〜2月は16時まで)
休館日:月曜日
 
町田の農業を紹介し、農具の展示も行うふるさと農具館では、なんと裏の菜の花畑で収穫した菜種を昔ながらの製法で菜種油にし、物産品として販売している。また菜の花の収穫後は、同じ畑で蕎麦も栽培しており、製品化した「七国山薬師そば」はファンも多く、期間限定の発売日にはあっという間に売り切れてしまうほどの人気商品となっている。
七国山薬師そば
 
 町田ぼたん園    ぼたんと芍薬の大輪が色鮮やかに百花繚乱
ふるさと農具館の向かい側には、民権の森の中にある「町田ぼたん園」がある。ここには198種、1200株のぼたんと芍薬が植え込まれ、4月下旬から5月上旬にかけて色鮮やかな大輪の花を咲かせる。訪れた日は、すでにぼたんの季節は終わりかけていたが、ちょうど交代するかのように芍薬の花が咲き始めていた。
町田ぼたん園
住所 東京都町田市野津田町2274-1
電話 042-736-4477
入園料 大人500円、中高生200円
開園日時 4月中旬〜5月上旬開園
(これ以外の期間は入園無料)
9時半〜16時まで
 
園内奥には、明治時代に自由民権運動の三多摩地区の最高指導者として活躍した、石阪昌孝の墓と屋敷跡がある。屋敷跡は心地よい休憩の広場となっており、また自由民権運動に参加した詩人北村透谷と、大恋愛の末結婚した昌孝の長女、美那子が出会ったゆかりの地を記念して建てた自由民権の碑もある。
石阪昌孝屋敷跡の広場 自由民権の碑 奥庭
 
 自由民権資料館   多摩に起こった自由民権運動の歴史を紹介
 町田ぼたん園から道を東へ辿り、鎌倉街道を北へ進むと、芝溝街道の袋橋交差点に出るので右へ。そのすぐ左手には、自由民権資料館がある。薬師池公園や町田ぼたん園で目にした自由民権運動の記念碑に興味を抱いた人は、ここを訪れるといい。多摩や町田で起こった自由民権運動に関するさまざまな展示資料を自由に閲覧することができる。











自由民権資料館
住所 東京都町田市野津田町897
電話 042-734-4508
入館料 無料

開館日時

9時〜16時半
休館日:月曜日
 
自由民権資料館で見学を終えたら、今回のウォーキングはここで終了。ここまで来ると、心地よい疲労感とともに空腹感も感じてくる。資料館からは歩いて袋橋バス停か、国本学園前バス停へ向かおう。町田駅行きのバスは、国本学園前バス停の方が本数も多くて便利。町田駅に着いたら、賑やかな繁華街で食事をしてから家路に着くのもいいだろう。

【取材後記】   薬師池公園・七国山近隣の〜クウ・ネル・アソブ〜

 町田というと、東京の辺境、もしくは神奈川県寄りの文化圏というちょっと捉えがたいイメージがあったのだが、実際に降り立ってみると、駅前は有名百貨店が林立し、華やかに賑わう商店街もあり、その一方で東京とは思えないような古く、濃く、美しい緑が各所に残され、非常に多くの魅力を持った町だった。ここには文化と自然、活気と静寂、モダンと歴史が見事に共存しており、まるで町全体がテーマパークのようにそれぞれの見どころを展開している。こういう町づくりも面白いので、ぜひ都心や多摩東部に住む人々にも足を運んでいただきたい。
  さて、そんな町田の中心部にある薬師池公園近隣のクウ・ネル・アソブ。クウ・スポットは、公園内にある売店と茶屋がとても気軽で便利。また、ふるさと農具館の近くにある「カフェガーデン風見鶏」はかわいらしい洋館の店構えで、軽食や喫茶にもオススメ。そして今回のネル・スポットは、町田ぼたん園内にある石阪邸跡の芝生の広場が最高!藤棚の下のベンチが静かで涼しいので、真昼の休憩でも気持ちがいい。アソブ・スポットは町田リス園が家族連れやカップルに最適。帰りに町田駅前の商店街を散策するのも楽しい寄り道となるだろう。


取材担当:美月春菜
 
 

 

 
 
新規ホームページ制作・リニューアル・SEOをお考えの方はこちらをご覧下さい
 
Copyright (C) Tachikawa Online. All Rights Reserved.