多摩武蔵野の情報誌サイト タチカワオンライン − 日帰り温泉、美容室、グルメ、ショップ、美術館、酒蔵、ウォーキング、コラム
立川 八王子 多摩 町田 府中 調布 狛江 三鷹 武蔵野 小金井 国立 国分寺 青梅 あきる野 奥多摩 福生 その他エリア
シーズン情報 湯めぐり ウォーキング 美術館・博物館 ビューティー ショップ アウトドア プール 花火 イルミネーション イベント

その他のバックナンバー | 徒然(つれづれ)TOP |
*このコーナーは取材記者が多摩・武蔵野で感じたあんなこと、こんなことのリレーコラムです。
 
  (ペンネーム:杉山佳代子)

「桜の住宅街」 

日本人は桜が大好き。春のちょうど暖かくなってくる時期の花であるから、その薄ピンクを見るだけで、自転車もふらふら、歩行者もゆらゆら、ドライバーから見ると実に危険な、緊張感あふれる状況に陥る季節。
そして、節目のときであるということも大きい。歌でも、春といえば梅や桃だってあるじゃないかと思うが、やっぱり桜には到底かなわない。大学生は新入生を社会人は新入社員を迎えてか、居酒屋の520倍くらいハイテンション。まさに「花より団子」としか思えない光景。

国立の桜は、この近辺では有名らしい。
わたしは35年近く国立に住んでいるが、年々国立以外の場所からわざわざ来る人が増えているように思う。広めの歩道も満杯になる。のんびり花見などせずに駅に行かなくてはならない国立市民にとっては、不便なときも頻繁にある。

それでも、よそから人が来るのは理解できる。たとえば井の頭公園など、国立よりはるかに木の数も多く、素晴らしい桜を見ることのできる場所は都下でもたくさんあるが、これだけ長い距離の並木道はなかなか存在しないのではないか。確かに「大学通り」と「さくら通り」は美しい。特に「さくら通り」は、桜のトンネルができるし、街灯の位置が桜をうまくライトアップする位置にあるので、夜その中を車で抜けると、実に幸福である。わたしはそれで夜桜が好きになったといっても過言ではない。多くの場合渋滞してのろのろなのだが、それもゆっくり桜が見られると思えばいらいらは桜のように散っていく。

しかし一方で、わたしはこの季節、いつも少しかなしい。
わたしの家の周辺は、うちも含めて、以前はもっと一軒一軒の家の敷地が広かった。代替わりが進むにつれ、土地は分断され、どの家も半分になったり、さらに小さく分割されたりしていった。この辺りの家に桜があったという記憶を持った人が減り続ける。
わたしは過去ばかり見ている潔くない人間なのだろうか。思い出に生きるのはいやだと思うけれども、どうしたって美しい過去は大切な宝物である。

どういう経緯か詳しくは知らないが、昔市から桜の苗が配られたそうだ。だから、以前うちの前の通り沿いはほとんどすべての家に桜があり、わざわざ外へお花見に行かなくても、家の中から、あるいは近所で充分桜が満喫できた。側溝にたまった花びらを、両手ですくってふわっと散らすのが子どものときとても好きだった。

今、桜の木は隣の家と、斜め前のアパートのコンクリートで固められた一角にわずかに残された土に植えられているくらいである。
しばしばあった、「○○さんの家の桜の木を消毒しますから窓を閉めてください」という市役所の職員の呼びかけも、すっかりなくなった。
最近は広い家に住んでいると嫉妬される傾向にある。格差があるのはしかたがないという風潮と、なんでも平等でなくてはという風潮がなぜか同時に存在している。道路はしばしば拡張され、人の住む場所が小さくなっていく。桜の木さえも植えることができない家ばかり増えていく世の中に、ちょっと絶望的な気分になるのだった。
でもやっぱり桜が見たくて、わたしも「大学通り」や「さくら通り」をゆっくり歩くのだ。
うきうき跳ねながら、少し憂鬱な面持ちで。

国立の桜並木は、桜守というボランティアによって維持されている。弱った木の根元には花などが植えられ、立て看板があって人が入れないようにしてある。せめて、街の桜を残そうという人の存在に救われる。やっぱり国立の人の多くは国立が好きなのだ。少しでも変化を押しとどめようとする人々がいる。

「大学通り」の桜は残念ながら、各家に桜があるという豊かさにはわずかに届かない。そう思いながら、今日も隣の家の桜をながめる。

・タチカワオンライン−国立市のエリアガイド  ・タチカワオンライン−多摩の桜・お花見情報


 
  

タチカワオンラインでは「徒然(つれづれ)」コーナーでコラムを書いていただける方を募集しています。多摩・武蔵野であなたが感じたいろんな事を教えて下さい。詳細はこちら


その他のバックナンバー | 徒然(つれづれ)TOP |

 

 
 
新規ホームページ制作・リニューアル・SEOをお考えの方はこちらをご覧下さい
 
Copyright (C) Tachikawa Online. All Rights Reserved.