その他のバックナンバー | 徒然(つれづれ)TOP | タチカワオンラインTOP |

*このコーナーは取材記者が多摩・武蔵野で感じたあんなこと、こんなことのリレーコラムです。
 
「国立の個性的な喫茶店ロジーナ茶房、邪宗門」

 立川に人が集まるようになってから、駅前に喫茶店が増えている。そのほとんどはスターバックスに代表されるような、比較的安価なチェーン店だ。合理性を追求することで安くておいしいコーヒーを提供し、最大公約数の人々にとってのくつろげる空間を提供してくれる喫茶店が増えることは歓迎すべきことだろう。


 個人経営の喫茶店は消えてゆき、チェーン店の喫茶店がそれに取って代る。これは立川だけでなく、他の街でも同様の傾向となっている。そのため、もし我々が他の街へ行き、喫茶店で一息つこうとする場合、たいてい地元にもあるようなチェーン店に入ることになってしまう。他の街に来たという気持ちにさせるものはそこに何もない。市場の需要がそうさせたとはいえ、やはりなんだかさびしい。

 しかし一方で、安いコーヒーとイスを求めている人だけが喫茶店の利用者とはいえないのも事実。国立には「邪宗門」、「ロージナ」といった、昔からある個性的な喫茶店がある。たとえ様々なチェーン店が国立に進出しようとも、これらの喫茶店は簡単には淘汰されないはずだ。これらの店は、地元の人々に愛着を感じさせる雰囲気と居心地の良さを、長年かかって築き上げた。そして利用者もそんな喫茶店を大切にしている。だから、ちょっとやそっとの風でも飛ばされない力強さを持つ。大げさに言えば、国立という街を象徴しているといってもよい。

 立川にも立川らしい喫茶店が欲しいものだ。ただし邪宗門、ロージナのような店ではないだろう。競輪場、パチンコ屋、風俗街、巨大デパート、場外馬券場、様々な企業の多摩支社が集まっている街なのだから、あまりお高くとまらない喫茶店がよい。例えば池袋にある「貴族」や新宿にある「タイムス」のような、サラリーマンにまぎれて怪しい風体のオッサンが座っていても違和感のない、敷居の低い喫茶店が潜在的に望まれているように、私などは思う。

・ロージナ茶房
http://homepage2.nifty.com/rozina/

・国立邪宗門
http://www.jashumon.com/kunitachi/
(榎本雄二)
その他のバックナンバー | 徒然(つれづれ)TOP | タチカワオンラインTOP |




| TOP | 当社について | 広告について | プライバシーポリシー |
Copyright (C) Tachikawa Online. All Rights Reserved.