その他のバックナンバー | 徒然(つれづれ)TOP | タチカワオンラインTOP |

「三多摩を代表するバンドRCサクセション」

三多摩地区を代表するバンドといえばちょっと古いがRCサクセション。RCサクセションの名曲といえば「スローバラード」。この曲の冒頭は「昨日は車の中で寝たあの子と手をつないで 私営グランドの駐車場 二人で毛布にくるまって」である。

 ここでいう私営グランドとはどこを指すのだろうか。忌野清志郎は国立に住んでいたから、当然立川の市営グランドだろうと私は考えていた。しかし昭島に住む友人は昭島の市営球場だと言い張っていた。どうやら人というものは自分の身近な場所に引<きつけて曲を聴くものらしい。

 いま横浜を代表するバンドといえばクレイジーケンバンドだが、その代表的なアルバム『グランツーリズモ』のなかの夏っぽい曲「透明高速」に「基地の跡地の草むらに見てはいけないものを見た」というフレーズがある。神奈川あたりの米軍基地をここでは指しているのだろうが、私はやはり立川基地の跡地を想起してしまう。

 数十年前は、横田基地のカーニバルのようなお祭りが立川基地でも夏に行われていた。よく覚えていないが、敷地がだだっ広いため、沢山の人出にも関わらず思い切り走り回ることができた。そんな開放感がある一方で、古びた大きな倉庫がいくつか建ち並び、ヒッピーみたいのもいたりして、退廃的な雰囲気もあった。
 南北道路沿いや、酒井哲さんのコラムにあるランドリーゲートのあたりが、今でもその面影をそこはかとなく残している。カーステレオで『グランツーリズモ』を聴きながらこのあたりをドライブすれば、昭和の立川の夏の日にワープできる。
(榎本雄二)

その他のバックナンバー | 徒然(つれづれ)TOP | タチカワオンラインTOP |




Copyright (C) Tachikawa Online. All Rights Reserved.