その他のバックナンバー | 徒然(つれづれ)TOP | タチカワオンラインTOP |

「ダークなものが揃う街立川」

風俗街、場外馬券売場、パチンコ屋、競輪場……。ダークなものは取りあえず揃っている街、立川。なかでも競輪場の存在は、立川を博打の街として全国的に有名にしている。

 数年前、年末に開催される「立川グランプリ」の日に駅前を歩いていたら、偶然タクシー待ちする作家の馳星周氏を目撃した。いかにも競輪場に行きますといった風情のオッサンたちと共に並ぶ馳星周さんは、これから始まるレースが待ちきれないのか、ひとりでニコニコしていた。

 作家といえば、伊集院静や阿佐田哲也も競輪好きで立川にはよく来ていたというし、最近なにかと活躍中の作家・森巣博氏もきっと立川で遊んだことがあるだろう。みな私の好きな作家ばかり。

 好きな作家が来てくれるなんて、なんとなく立川が誇らしい。
 どういう街に住みたいかは、人それぞれ好みがある。しかし、もしあなたが街を再開発するとしたら、個人的な好みで作るわけにはいかないはずだ。できるだけ多くの人が好んでくれる街を作らなければならないからである。

 例えば緑が多かったり、静かな住環境だったり、「すてき」なお店が沢山あったりする街。そして実際、そんな街が沢山つくられている。最大多数が納得する街づくりの結果、似たような街ばかりが作られてしまった。

 特色のない街だらけになったからこそ、「ギャンブルの街」という、立川に負わされたダークな特徴ですら、私には愛着のもとになる。
(榎本雄二)

その他のバックナンバー | 徒然(つれづれ)TOP | タチカワオンラインTOP |




Copyright (C) Tachikawa Online. All Rights Reserved.