その他のバックナンバー | 徒然(つれづれ)TOP | タチカワオンラインTOP |

「第一デパートの地下にあったたこ焼き屋」

 海外旅行を長くするとお茶漬けを食べたくなる>という話はよく聞く。ちなみに私の場合は回転寿司と牛丼だった。中国に留学していて久しぶりに帰国したときに食べたいと思った物だが、実際食べてみるとホントにうまかった。

 では長年住んだ立川から東京の他の地域に移り住んだ場合、立川の味が恋しくなる、ということはあるのだろうか。ふとそう考えたのだが、頭に浮かぶのは今はなき安い名店の数々だ旧高島屋の地下にあった焼きそば屋。麺の上にかかっているソースがおいしかった。包んでもらうより、その場で食べた方が断然うまく感じたものだ。

 第一デパートの地下にあったたこ焼き屋もまた食べてみたい。立川通りのガードそばにあったロバというスパゲッティ屋もうまかった。あそこで手塚治虫の『火の鳥』を全部読んだものだ。いまだ健在の店もある。第一デパート地下のスパゲッティ店、サンモリノだ。

 立川出身のライター、ゲッツ板谷も言うように、間違いなく美味しいスパゲッティだ。たまたま立川に来た友人に、立川を代表するこのスパゲッティを食べさせたことがある。ところが反応はいまいちだった。なぜだ!と思ったが、もしかしたら外国人にお茶漬けの味がわからないのとを同じかも知れないな、とひとりごちた。
(榎本雄二)

その他のバックナンバー | 徒然(つれづれ)TOP | タチカワオンラインTOP |




Copyright (C) Tachikawa Online. All Rights Reserved.