多摩武蔵野の情報誌サイト タチカワオンライン − 日帰り温泉、美容室、グルメ、ショップ、美術館、酒蔵、ウォーキング、コラム
立川 八王子 多摩 町田 府中 調布 狛江 三鷹 武蔵野 小金井 国立 国分寺 青梅 あきる野 奥多摩 福生 その他エリア
シーズン情報 湯めぐり ウォーキング 美術館・博物館 ビューティー ショップ アウトドア プール 花火 イルミネーション イベント

(東京都八王子市)
八王子には、天然理心流や八王子千人同心に関する史跡が多数ある。もちろん新選組との関わりも強い。近藤、土方、沖田らが学んだ剣術、天然理心流の開祖も眠る八王子が、今回の舞台だ。 天然理心流初代・2代目の墓
八王子千人同心屋敷跡碑
隊士・中島登のふるさと
   
 
  天然理心流の開祖、八王子に眠る。
近藤、土方、沖田らの活躍も、彼らのおかげ?
 
八王子市内には天然理心流開祖・近藤内蔵助(くらのすけ)、2代目・近藤三助の墓がある。天然理心流は遠江(現・静岡県)出身の近藤内蔵助が寛永期(約200年前)に開いた剣術、柔術、棒術、気合術から成る総合武術。内蔵助は江戸・両国の道場を経営する傍らで、多摩にも出稽古を行なっていた。内蔵助の死後、宗家を継いだのは八王子・戸吹の郷士・坂本登エ門の子で、近藤家の養子に入った近藤三助。彼は初代・内蔵助の門下で天然理心流を学び、腕を見込まれて養子になった。天然理心流の基礎を築いた人物だが、内蔵助の死後12年で三助は急死してしまう。内蔵助・三助の墓は、桂福寺に並んで立っている。
その後、天然理理心流は3代目・近藤周助(現・町田市出身)、4代目・近藤勇(現・調布市出身)へと継承され、現在に至る。土方歳三や沖田総司ら新選組メンバーの活躍によって、一躍有名になった。
近藤内蔵助・三助の墓(桂福寺)
住所
八王子市戸吹町193
交通
京王線「京王八王子駅」、JR線「八王子駅」からバス。「戸吹」下車徒歩1分
 
  武田信玄の家臣団を中心に編成された半農半士グループ。
新選組同様、将軍警護のため京へも向かう。
 
江戸時代、八王子には「八王子千人同心」という半農半士の集団が住んでいた。千人同心の中心メンバーとなったのは、もともと武田信玄で有名な甲斐の武田家に仕えていた家臣たち。彼らは武田家の滅亡後に徳川家に召し抱えられた。八王子千人同心の主な任務は徳川家康を祀る日光東照宮警備や国境警備。将軍・家茂上洛の際には、警護のため同行した。
千人同心の組頭たちが甲州街道沿いに屋敷を並べていたことから、今でも八王子市には「千人町」の名が残っており、甲州街道と陣場街道の分岐点である追分交差点付近には、「八王子千人同心屋敷跡碑」が建てられている。
八王子千人同心たちは、任務のない平時は農作業を行なう傍らで剣術の稽古に励んでいた。彼らの間で流行していたのが天然理心流。そう、新選組の近藤勇や土方歳三、沖田総司たちが身に付けていた、あの剣術である。天然理心流は、江戸時代を通じて三多摩一帯に広がっていた。
八王子千人同心屋敷跡碑
住所
八王子市追分町11
交通
JR線「西八王子駅」から徒歩10分
 
  八王子千人同心出身の新選組隊士。
明治期においても成功を収めた稀有な存在。
 
八王子で天然理心流を学び、新選組隊士として活躍した人物がいる。元・八王子千人同心のひとり、中島登である。彼は八王子在寺方村で生まれ育ち、近くで天然理心流を教えていた山本満次郎に師事。山本満次郎は、天然理心流2代目・近藤三助から学んだ増田蔵六の弟子にあたる人物で、近藤周助・勇親子の試衛館が剣術のみを教えていたのに対して、剣術、柔術、棒術の三術を教えていた。
千人同心の家系の長男であったため、初め中島は新選組への正規入隊をしていなかった。近藤勇の方針で、故郷・多摩の人物が入隊を希望した場合、長男は家督を継がせなければならないため、拒否するという方針をとっていたのだ。しかし、天然理心流を学んでいる中島の力は隠れたところで発揮された。それは、新選組の活動を助けるための情報探索の仕事である。中島の正規入隊が認められたのは、大政奉還後の1867年10月。その後、鳥羽・伏見の戦い、甲陽鎮撫隊としての勝沼の戦いにも参加。近藤の死後も、最後まで土方と行動をともにし、箱館での敗戦後、捕虜として各地を転々とする。解放後は静岡で蘭作りに励み、財産家に。鉄砲屋としても大成した。時代の波に飲み込まれ、悲劇のような最期を迎えた近藤や土方らとは違い、明治期においても成功を収めた数少ない新選組隊士である。
中島家の墓がある観栖寺。登の墓は静岡に移されていて、今はない。境内には夕焼けの鐘の碑もある。
観栖寺
住所
八王子市西寺方223
交通
JR線「高尾駅」からバス。「タウン中央」下車、徒歩10分

八王子千人同心をはじめ、天然理心流、新選組とは深いつながりを持つ八王子。華やかなイベントや幟はないが、近藤のふるさと調布や、土方・井上のふるさ日野と同様に、たくさんの新選組関連史跡がある。また、滝山城・八王子城跡などもあり、歴史ファンなら、ぜひ訪れてもらいたいエリアだ。
京から戻った新選組は、甲陽鎮撫隊として八王子を経由して甲府へ向かう。次回は、甲州街道を下って、多摩から山梨方面へ。
取材・文/こぐま

 

 
 
新規ホームページ制作・リニューアル・SEOをお考えの方はこちらをご覧下さい
 
Copyright (C) Tachikawa Online. All Rights Reserved.