多摩武蔵野の情報誌サイト タチカワオンライン − 日帰り温泉、美容室、グルメ、ショップ、美術館、酒蔵、ウォーキング、コラム
立川 八王子 多摩 町田 府中 調布 狛江 三鷹 武蔵野 小金井 国立 国分寺 青梅 あきる野 奥多摩 福生 その他エリア
シーズン情報 湯めぐり ウォーキング 美術館・博物館 ビューティー ショップ アウトドア プール 花火 イルミネーション イベント

小澤酒造 澤乃井ロゴ
小澤酒造全景 〒198-0172
東京都青梅市沢井2丁目770番地
TEL:0428-78-8215
FAX:0428-78-8195
創業:元禄15年
HP:http://www.sawanoi-sake.com/
JR青梅線に乗って東京を西へ向かうと、青梅駅を過ぎたあたりから車窓の景色は山里へと変わっていく。美しい奥多摩渓谷が見え隠れし、山が眼前に折り重なっている。途中のその名も「沢井駅」で降りて、風情豊かな木塀をたどりながら、坂道を下っていくと茅葺屋根の豪壮な民家と白塗りが目に鮮やかな蔵が見えてくる。それが小澤酒造だ。銘柄名「澤乃井」は全国でも人気が高く、地酒好きをうならせる名酒として名高い。この澤乃井を支え続けているのが、宝の水と杜氏をはじめとするスタッフの熱意だ。現代的な設備やホームページをもちながらも、伝統製法の木桶作りにも取り組むなど、多彩なスタンスで平成の名酒造りに挑み続けている。また各種料理店をもち、素晴らしいロケーションとともに酒造見学・きき酒処など一般人に広く門戸を開放し、澤乃井の魅力を存分に伝えている。一度はぜひ訪れてみたい蔵元だ。
 
澤乃井の宝
300年前から伝わる名水の横井戸
元禄蔵の酒貯蔵タンク。
立派な梁にご注目!
明治蔵・自然を生かした
伝統の天然酒造蔵
澤乃井の酒造りを300年支えてきたと言っても過言ではないだろう。今もなお、澤乃井の敷地内に神々しいまでに清冽に、こんこんと湧き続けている名水がある。奥多摩の青々とした杉林の雫が秩父古成層の岩盤で濾過され、稀代の名水となる。
澤乃井では古来より、その水を酒づくりの仕込み水としているのだ。この水を安定確保するために古の人々に掘られた横井戸は澤乃井を訪れると見ることができる。

 澤乃井には元禄蔵・明治蔵・平成蔵と時代に沿った蔵が3つ存在する。元禄蔵は、今では貴重となった太い梁の組構造となっていて歴史的にも価値が高い建築様式。ここに酒の貯蔵タンクが並んでいる。明治蔵は現役の酒仕込み蔵だ。伝統的な知恵を存分に生かした造りで、冬季の酒の仕込み時期に外気温に左右されない天然の保温室となっている。室温が下がりすぎることもなく、また暖かい小春日和の陽気でも、常に酒づくりに適した室温を保っている。こうした財産を澤乃井は大事に守り伝えている反面、近代的な設備も柔軟に取り入れ、安定した上質な酒を供給しているのも特徴だ。ちょうど取材時は酒造りの真っ最中だった。仕込んだ酒を大きな機械で搾り取っている様子を見学することができた。熟練の職人が次から次へと搾った酒の残りの酒かすをはがしていく。上質な酒から生まれた酒かすはふんわりと甘い香りがした。

 また、遊び心の旺盛な澤乃井では、江戸の昔から伝わる「木桶仕込み」を復活させた。大きな木桶がおわかり頂けるだろうか。野条穂という米の品種を復活させるほどのこだわりよう。仕込み本数に限りがあるので、事情通はさっさと予約しておさえてしまう。この木桶の蓋を特別に開けて見せて頂いた。甘いようなふくよかな香りが立ち上り、ふつふつと酒の呼吸が表面に気泡となって浮かんでいた。「酒は生きている!」という当たり前のことが、強く実感できる瞬間だった。この酒の誕生エピソードは澤乃井のホームページで詳しく知ることができる。http://www.sawanoi-sake.com/
.興味をもたれた方は是非ごらん頂きたい。「酒は人が作るもの・・・。」名水という財産とともに、常に一丸となって上質な酒を追い求める努力を惜しまない澤乃井の姿勢を伝える充実のホームページである。
酒をしぼった後に残るは
もちろん酒かす!
杉で作られた見事な木桶
酒の呼吸が伝わってくる

【大吟醸  梵】
だいぎんじょう ぼん
【純米大辛口】
じゅんまいだいからくち
【水乃記憶】
みずのきおく
小澤酒造の醸造技術の粋を集めた逸品。厳選した米を35%まで磨いた贅沢かつ華やかな香りの酒。お祝いなど特別な日にもぴったり。 きりっとした力強い味わいの酒。辛口党をうならせる文句なしの大辛口だ。すっきりとしているので、料理とよく調和し、くいくい飲んでしまう。 小澤酒造創業300年記念酒。吟醸でありながら、味の深さが自慢で個性的。また「水乃記憶」という名前が印象深い。
★これらのお酒を飲んでみたい!という方は直接、小澤酒造までお問合せ下さい。TEL:0428-78-8215
澤乃井では、酒造見学を行っている。そこでは澤乃井の酒造りの工程や、歴史のある蔵について知ることができる。取材当日は外国の方も多く、日本の文化の一つとして、熱心に参加していた。歴史ある蔵は大変見ごたえのあるもの。
【受  付】 事前予約制(1名から参加可能)
澤乃井園 TEL:0428-78-8210
1日に4回開催(11時、13時、14時、15時)
【料  金】 無料
【休業日】 毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
【アクセス】 電車:JR青梅線 奥多摩行き「沢井駅」より徒歩約5分
車:八王子ICから約80分、圏央道青梅ICから約40分
 
      
 
渓谷美が美しい休憩所
広々とした庭園の中でくつろげる
蔵元だけあって甘酒の
美味しさも抜群!
各種おまんじゅうも大人気。
お庭でいただけます。
澤乃井の敷地は渓谷に面し、美しい自然を楽しむのにももってこい。澤乃井園は売店や無料休憩所があって、軽食をとることもできる。売店の人気は甘酒や田楽で、田楽のみそは、澤乃井で作っている柚子を使った味わい深いものでとても美味しいと評判。

楽しい「きき酒処」では、少しづつ色々なお酒をお得な料金で楽しめる。常時10種類ほどがスタンバイし、5勺(90ml)のきき猪口についでくれる。この猪口は持ち帰りできるので、よいお土産になる。取材時にも大勢の人が顔を赤らめながら、わいわいと賑やかに飲み比べを楽しんでいた。女性グループがうれしそうに、感想を言い合っては、自分のお気に入りを探している姿がとても楽しそうだった。また特筆すべきは澤乃井の自慢の岩清水を飲めること。ここに来たら、この水を味わあなくては意味がない・・とばかりに訪れる人は誰もが足をとめていた。

そのほかにも、わっぱ飯「蔵亭」豆腐・ゆば料理「ままごと屋」、「櫛かんざし美術館」など、見どころ・味どころが点在している。四季折々の魅力があるので、家族連れや友人たちとゆったりと楽しめる。雪景色も素晴らしいんですよ、とスタッフの方が胸を張っていた。
きき酒処。季節によってラインアップが違います。1杯200円から500円(銘柄による)。かわいいお猪口はもらえます。またお替りは100円引き。
澤乃井の仕込み水を飲むことが出来ます。

現在はありません


★澤乃井の2003年の新酒「しぼりたて」を3名様にプレゼント!(20歳以上限定)
★こちらもしぼりたての「酒かす」を5名様にプレゼント!おいしい甘酒がいただけますよ

新酒「しぼりたて」 3本

応募締め切り:2004年1月15日(木)23:59まで
発表&商品発送:1月31日予定
当選発表はメールならびにWEBサイトで行います。
商品は当選者へ郵送いたします。
お申し込みは1アドレスにつきお一人です。
過去の他のプレゼント当選者はこちら。
不明点、お問合せはこちらよりどうぞ。

【ご注意】応募受付は終了いたしました。ありがとうございます。

しぼりたての「酒かす」 5名様
・見学の後は近くの 「もえぎの湯」 「水香園」へ行こう!
 
 
新規ホームページ制作・リニューアル・SEOをお考えの方はこちらをご覧下さい
 
Copyright (C) Tachikawa Online. All Rights Reserved.