東京の梅園・梅まつり情報トップタチオントップ
東京の梅園・梅まつり情報
向島百花園(墨田区)
墨田区
江戸時代「新梅屋敷」と呼ばれた向島百花園
「江戸」と「梅」の香り漂う梅まつりは多くの人で賑わう

江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804〜1830年)に、骨董商を営んでいた佐原鞠塢(さはらきくう)により、交遊のあった江戸の文人墨客の協力を得て、花の咲く草花鑑賞を中心とした花園として開園されました。百花園とは、諸説ありますが「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたとされます。開園当初は360本の梅が主体でした。その後、詩経や万葉集など中国・日本の古典に詠まれている有名な植物を集め、四季を通じて花が咲くようになりました。現代に残る江戸時代の花園です。昭和13(1938)年、永久保存のため所有者から東京市に寄付され、翌14(1939)年に東京市が有料で制限公開を開始。昭和53(1978)年に文化財保護法により国の名勝・史跡に指定されました。

 向島百花園(むこうじまひゃっかえん)
 
 
 スポット名 向島百花園(むこうじまひゃっかえん)
 
 コメント

江戸時代後期、向島百花園は「新梅屋敷」と呼ばれ、多くの人々に親しまれてきました。梅に大変ゆかりのある向島百花園では、「梅まつり」を開催いたします。

 
   スポット住所 墨田区東向島3-18-3   MAP
 
   催事期間

向島百花園「梅まつり」
【日 時】 平成25年2月9日(土)〜3月10日(日)9時〜17時(最終入園は16時30分まで)

主な催し物:
梅を詠む   
期間中毎日、園内四阿に句帳を置き、「梅を主題に詠んだ」和歌・俳句を皆様から募集します。

江戸を観る「江戸大道芸」  
日 時 : 2月9日(土)・23日(土) 各日13時30分〜・15時〜(各回30分程)
「浅草雑芸団」による、南京玉すだれや独楽回し等の大道芸を披露します。
参加費 : 無料(入園料別途)

 
   アクセス

東武伊勢崎線「東向島」下車徒歩8分
京成電鉄押上線「京成曳舟」下車徒歩13分
都営バス 亀戸−日暮里(里22)「百花園前」下車徒歩2〜3分
駐車場はございません、ご来園の際は電車・バスをご利用下さい

 
   その他 入園料: 一般(中学生以上)150円 65歳以上70円 (小学生以下は無料)
開館時間: 9:00〜17:00 (入園は16:30まで)
 
   問い合わせ先 向島百花園サービスセンター 03-3611-8705 http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html
 
   周辺情報  
 
   関連コンテンツ  
 
 

梅まつりスポット一覧

[中央区]
[文京区]
[文京区]
[文京区]
[港区]
[新宿区]
[墨田区]
[世田谷区]
[板橋区]
[大田区]
[江東区]
[青梅市]
[日野市]
[八王子市]
[立川市]
[国立市]
[調布市]
[調布市]
[稲城市]
[府中市]
[町田市]
[小金井市]
梅園・梅まつり情報トップタチオントップ