多摩武蔵野の情報誌サイト タチカワオンライン − 日帰り温泉、美容室、グルメ、ショップ、美術館、酒蔵、ウォーキング、コラム
立川 八王子 多摩 町田 府中 調布 狛江 三鷹 武蔵野 小金井 国立 国分寺 青梅 あきる野 奥多摩 福生 その他エリア
シーズン情報 湯めぐり ウォーキング 美術館・博物館 ビューティー ショップ アウトドア プール 花火 イルミネーション イベント

多摩の初詣特集
青梅・羽村・あきる野・昭島エリア
 [青梅市]武蔵御嶽神社 塩船観音寺  [羽村市]玉川神社 阿蘇神社
 [あきる野市]二宮神社 法林寺    [昭島市]拝島大師
 

【立川・国立・小金井・東大和・東村山エリア】  【八王子・日野・府中・稲城・調布・狛江エリア】

     
  武蔵御嶽神社
青梅市
 
 
天の声も聞けそうな標高929mの迎春
占いの神様に、知恵と運を授かろう

大きな地図で見る

武蔵御岳山の山上に建立され、知恵の神様・櫛真智命(くしまちのみこと)を祀る。社伝によると、崇神天皇7年(紀元前91年)に武渟川別命(たけぬかわわけのみこと)が東方十二道を平定の折、大己貴命(おほなむち=のちの大国主命)・少彦名命(すくなひこなのみこと)をお祀りしたのが起源と伝えられる。奈良時代になり天平8年(736年)僧の行基が東国鎮護を祈願し、蔵王権現の像を安置したとされる。
中世以降、山岳信仰の霊場として発展し、武蔵・相模に渡る広大な信仰圏を築いた。
明治の初めまでは「御嶽大権現」の名で知られていたが、神仏分離によって延喜式に載せられている「大麻止乃豆天神社」と比定され改称。論社が他にもあったため、昭和27年(1952年)に現在の武蔵御嶽神社へ改称する。現在は神社本庁に属していない単立神社である。

随身門から300段の石段を登り鳥居をくぐると、境内には歴史的な建造物が建ち並んでいる。旧本殿である常磐堅磐社社殿は永正8年(1511年)に建立されたもので、東京都指定有形文化財。宝物殿には赤糸威大鎧をはじめ国宝が2点、重要文化財の鎧や太刀など、貴重な品が多数展示される。
山頂からは新年を迎えるにふさわしい絶景を望む。新宿副都心を中心とした東京都心部を眼下に、遠景には日光連山から筑波山、房総半島、江ノ島、相模湾までをぐるりと見はるかす。櫛真智命は占いを司り、知恵の神様とされるが、転じて幸運を引き当てる当選・厄除けの神様とも。この高みから見渡せば、確かにどんなことでもわかりそう。
1日の8:00からは元旦祭が執行される。このとき、毎年3000枚の干支絵馬が無料配布される太っ腹さでも知られる。

 
名 称
武蔵御嶽神社(むさしみたけじんじゃ)
住 所
青梅市御岳山176 MAP
電 話
0428-78-8500
ご祭神
櫛眞智命、大己貴命、少彦名命、広國押武金日命、奥宮 日本武尊、御眷族大口眞神
ご利益
厄除け・当選
例年の参拝者数
不明(未調査)
交通案内

JR青梅線/御嶽駅より徒歩40分

西東京バス、多摩バスケーブル下駅/ケーブル下停留所下車徒歩3分

その他

元旦8時より元旦祭が施行されます。
12月31日夜から1月1日朝にかけて、ケーブルカーを終夜運転いたします。

ウォーキング
梅香る春の吉野梅郷

塩船観音寺とつつじ祭り

温泉でゆったり岩蔵温泉周辺
市内スポット
市内の駅・鉄道    市内の神社仏閣    市内のアウトドア    市内の公園・遊歩道    市内の美術館博物館
イベント
青梅市のイベント
その他
吉川英治記念館、青梅マラソン大会、吉野梅郷梅まつり梅の公園、映画によるまちおこし、奥座敷岩蔵温泉、GWにつつじが咲き誇る塩船観音寺、銘酒澤乃井の蔵元小澤酒造などが有名。
   
 
 
    
 
  塩船観音塩船観音寺
青梅市
 
塩船観音
 
つつじ祭りで知られる花々の古拙
大船に乗った気持ちで新年への船出を

大きな地図で見る

京都府伏見区に広大な境内地を有する名刹・醍醐寺を総本山とする、真言宗醍醐派の別格本山。別格本山とは、総本山に準じた待遇を受ける特別な寺院を指す。
起源は大化年間(645〜650年)。八百比丘尼(富山県に生まれ、若くして人魚の肉を食べ不老不死になった尼僧)がこの地に立ち寄った際に、千手観音を安置したのが始まりとされる。
名称の由来は天平年間(729〜749年)、高僧・行基菩薩が関東巡錫の折りに当地に立ち寄り、周囲の地形が船に似ていることから、仏が衆生を救おうとする大きな願いの船である「弘誓の船」になぞらえて命名したと伝えられる。貞観年間(859〜877年)には、比叡山の僧・安然和尚が夢のお告げによって当山を訪れ、観音堂を再興し、阿弥陀堂、薬師堂を建立し七社権現を奉遷、十二の僧坊を建立し興隆を極めた。

敷地内には数々の由緒ある建造物が並び、そのほとんどが都や市の文化財に指定されている。ちなみに、仁王門をくぐってすぐの左右にそびえる大杉も、都の天然記念物。
1万7千本の花が咲き乱れるつつじ祭りなど、四季折々の花が美しいお寺として知られるが、年末年始も多くの参拝客が詰めかける。除夜の鐘突きは23時45分頃から先着300人様、開運お守り進呈。0時より初護摩修行がスタートし、元旦祭にはご本尊「千手観音」をご開扉して、厄除けや交通安全等諸祈願成就を祈願する。三ヶ日は甘酒が振舞われ、植木市が開催される。

 
名 称
別格本山 塩船観音寺(しおふねかんのんじ)
住 所
青梅市塩船194 MAP
電 話
0428-22-6677
URL
http://www4.ocn.ne.jp/~kannonji/
ご利益
無病息災・家内安全・五穀豊穣・商売繁盛・交通安全・病気平癒・学業成就・合格祈願・良縁祈願・縁結び・子宝・子受け・必勝祈願
例年の参拝者数
約35,000人
交通案内

JR青梅線/河辺駅より多摩バス西東京団地行き塩船観音停留所下車 徒歩10分

車/圏央道青梅インターより約15分
駐車場有り300台(有料)正月600円、4.5月700円

その他

12月31日 除夜祭
1月1日〜3日 元旦祭 初護摩供
正月・元旦護摩
元旦午前0時に、「ご本尊・千手観音」を御開扉し、檀信徒各位の一年間の厄除・開運を祈願する元旦初護摩供を修業いたします。

ウォーキング
梅香る春の吉野梅郷

塩船観音寺とつつじ祭り

温泉でゆったり岩蔵温泉周辺
市内スポット
市内の駅・鉄道    市内の神社仏閣    市内のアウトドア    市内の公園・遊歩道    市内の美術館博物館
イベント
青梅市のイベント
その他
吉川英治記念館、青梅マラソン大会、吉野梅郷梅まつり梅の公園、映画によるまちおこし、奥座敷岩蔵温泉、GWにつつじが咲き誇る塩船観音寺、銘酒澤乃井の蔵元小澤酒造などが有名。
   
 
 
      
 
  玉川神社
羽村市
 
武の神様から偉大な文豪も誕生!
諏訪の御柱も下賜された神社

大きな地図で見る

主祀神は山海の神様・大山祇命(おおやまつみのみこと)と、大国主神の第二御子神にして日本三大軍神のひとり、建御名方命(たけみなかたのみこと)。平安時代末期の寿永年間(1182〜1285年)、武将・畠山重忠公の一族により、長野県の諏訪大社から勧請された。当初は諏訪宮、或いは多摩大明神とも称したが、明治2年には、諏訪神社と改め、明治15年には旧根岸地区の日枝神社を吸収合併し、現在の玉川神社と改称される。
昭和61年、信州諏訪大社から、貴重な御柱とともに御本殿の移築を賜る。御柱が県外に出たのは、これが初めてのことだった。

年末になると三本荒神さま、年神さま、祓麻(はらえぬさ)が頒布され、12月31日には、一年の下半期の穢れを形代(かたしろ)に遷して浄め祓う神事「大祓(おおはらえ)」がある。元旦0時〜2時30分頃に甘酒が振舞われ、続いてその年の招運来福を祈る歳旦祭が執り行われる。
なお明治12年、境内に西多摩小学校が建設されたことから、羽村市近代学校教育発祥の地として記念的場所となっている。未完の大作『大菩薩峠』で知られる中里介山も、この小学校に学び、一時期母校で教鞭を執った。神社拝殿の甲源一刀流の掲額は、『大菩薩峠』の初巻『甲源一刀流の巻』の題名として、直接のヒントとなったらしい。文武併せてご利益をいただけそうだ。

 
名 称
玉川神社(たまがわじんじゃ)
住 所
羽村市羽中4-1-16 MAP
電 話
042-554−1570
URL
http://homepage2.nifty.com/042/
ご祭神
建御名方命、大山祇命
ご利益
家内安全・交通安全・必勝祈願
例年の参拝者数
1,000人
交通案内
JR青梅線/羽村駅西口より徒歩10分
その他
12月31日大祓
下半期の気づかないけがれ、あやまちを形代(かたしろ)に遷して浄め祓う神事。年末には特に、三本荒神さま、年神さま、祓麻を頒布しています。
元旦歳旦祭。
ウォーキング
玉川上水を歩く-羽村堰と多摩川
市内スポット
市内の駅・鉄道    市内の神社仏閣    市内のアウトドア    市内の公園・遊歩道    市内の美術館博物館
イベント
羽村市のイベント
その他
市の西から南へ多摩川が流れ、江戸時代に開削された玉川上水の取入口がある。春には羽村取水堰と国の史跡指定を受けた玉川上水沿いに約500本の桜が咲く。チューリップまつりも有名。
   
 
 
    
 
  阿蘇神社
羽村市
 
時の権力者に支えられ続けた1400年
ずっとラッキーな神社で、今年の幸運を祈願

大きな地図で見る

阿蘇の開拓者として知られる健磐竜命(たけいわたつのみこと)をはじめ、12柱の神々を祀る。伝承では、多摩川が氾濫したところへ姥ヶ渕に阿蘇媛命という媼が現れ、玉を水中に沈めると水害も治まったので、推古天皇9年(601年)、そこに聖地を築いて神を祀ったという。
933年、平将門が社殿を造営。藤原秀郷が将門の乱で将門を討ち取った後には、天慶3年(940年)にその霊を鎮めるため阿蘇神社を修復した。その際手ずから植えたとされるシイの木(厳密にいうとブナ科に属するスダジイ)が境内にあり、現在の木は二代目とされるが樹齢は800年とも1000年とも言われ、東京都の天然記念物に指定されている。また本殿は延宝4年(1676年)再建のもので、江戸初期の神社建築として資料的価値が高く、都指定有形文化財。

天文5年(1536年)には、平将門の子孫と称する三田氏が社殿を修復する。永正13年(1516年)には小田原北条氏朱印状を授かり、慶長3年(1598年)には徳川家康が参詣。その後も徳川家光、綱吉、吉宗と、徳川将軍からの朱印状が続く。創建以来常に時の権力者から格別の保護を受けてきた、幸運な神社だ。境内からは鎌倉時代のものとされる瓦が出土し、市内最古の神社の歴史を偲ばせる。
いつもは静かな境内も、年末年始はかがり火が焚かれ御神酒がふるまわれ、賑やかなムードに包まれる。ラッキーのお裾分けを期待して、初詣の足をのばしてみる?

 
名 称
阿蘇神社(あそじんじゃ)
住 所
羽村市羽加美4-6-23 MAP
電 話
042-554-3405
ご祭神
健磐竜命、阿蘇都媛命、速瓶玉命、国竜神、比味御子神、彦御子神、和歌比味神、新彦神、神比味神、若彦神、弥比味神、金凝神
ご利益
無病息災・家内安全・五穀豊穣・商売繁盛・交通安全・病気平癒・学業成就・合格祈願・子宝・子受け・必勝祈願
例年の参拝者数
30,000人
交通案内
JR青梅線羽村駅または小作駅より徒歩20分
車/奥多摩街道「間坂」信号を坂下へ1分
ウォーキング
玉川上水を歩く-羽村堰と多摩川
市内スポット
市内の駅・鉄道    市内の神社仏閣    市内のアウトドア    市内の公園・遊歩道    市内の美術館博物館
イベント
羽村市のイベント
その他
市の西から南へ多摩川が流れ、江戸時代に開削された玉川上水の取入口がある。春には羽村取水堰と国の史跡指定を受けた玉川上水沿いに約500本の桜が咲く。チューリップまつりも有名。
 
 
 
     
  二宮神社
あきる野市
 
 
社伝にいわく創建は日本武尊歴史ある神社で
壮大な神様に祈る

大きな地図で見る

社伝には、日本武尊が東征の折り、現在祭神となっている国常立尊(くにとこたちのみこと)を祭ったのが始まりとある。神話の時代の創建が伝えられる、古式ゆかしい神社である。
藤原秀郷が天慶(てんぎょう)の乱に際して、戦勝を祈願したとの伝も伝えられる。源頼朝、北条氏政の崇敬を受け、徳川家康の時代から代々15石の朱印状を与えられていた。
現在の本殿は、江戸時代に建立されたと思われる。この本殿と、普段公開されていない宮殿は、2007年1月に市の文化財に指定された。ほかにも数学の問題を解いて奉納した古い「算額」など、珍しいものが大切に保存されている。

古代にはこの地が多摩郡小川郷に属していたことから、小川大明神と呼ばれていた。武蔵国(現在の埼玉県と東京都の隅田川以東、神奈川県北東部)に置かれた、多摩市一宮に始まる武蔵6所の宮の二宮として置かれたことから、後に二宮神社と名を変える。
僧良弁が書いた『私案抄』には「小河の大明神は当国六国随一」と記され、明治から戦前にかけてこの地域随一の社格の郷社との誉れも高い神社であった。300年続く秋の「しょうが祭り」でも知られ、無病息災の厄除けも兼ねてしょうがを買い求める人で賑わう。
ちなみに祭神である国常立尊は、国産みのさらに前、天地開闢の場面に出現する神様で、国土形成の根源神として信仰される。新年の最初の祈願に、なんともふさわしい壮大な神様ではないか。

 
名 称
二宮神社(にのみやじんじゃ)
住 所
あきる野市二宮2252 MAP
電 話
042-558-5276
ご祭神
国常立尊
ご利益
無病息災・家内安全・五穀豊穣・商売繁盛・交通安全・学業成就・合格祈願・必勝祈願
例年の参拝者数
30,000人
交通案内
JR五日市線/東秋留駅より徒歩3分
駐車場無し
ウォーキング
古き良きアメリカ薫る-横田基地・酒蔵・多摩川を歩く

古社寺を巡り、旧鉄道跡から太古の川辺を訪ねる
市内スポット
市内の駅・鉄道    市内の神社仏閣    市内のアウトドア    市内の公園・遊歩道    市内の美術館博物館
イベント
あきる野市のイベント
その他
東は福生市羽村市、西は檜原村奥多摩町、南は八王子市、北は日の出町青梅市に接している。

自然豊かな秋川渓谷沿いには多くのキャンプ、バーベキュー施設があり、行楽シーズンは賑わう。

近年、あきる野東急ほか企業誘致や再開発によりめざましい発展をとげている。
 
 
    
  臨済宗南禅寺派 法林寺
あきる野市
 
 
謎あり、人あり、歴史あり
地域のお寺で迎える、あったかい年越し

大きな地図で見る

寺伝によれば、延喜12年(912)年2月21日に開かれたとされる。二宮神社から水を分けてもらったことが創建の由来とも伝えられる。
応永年間(1394〜1428年)に、大江道広を開基とし、八王子市山田町の広園寺を創建した円融禅師により再興された。北東側に土塁があることから、中世大石氏、さらに後北条氏の高月城や滝山城と何らかの関連をもって構えられた城郭跡ではないかと推察されているが、多くは謎に包まれている。
山門から奥へとまっすぐ進むと、秋川の川辺に、市天然記念物となっている古木のシラカシが佇む。鎌倉八幡宮から遷座された木造達磨大師座像と木造円融禅師座像など、貴重な文化財も所有し、歴史の重みを感じさせる。

一方で、地元民に愛され親しまれてきた側面も持つ。山門脇のお堂にはかつては遠方からの参拝客も訪れた痢病菩薩が祀られ、今でも周辺住民には「痢病神様」の通り名で知られる。寺に付属の幼稚園は半世紀近い歴史を持ち、初詣は同窓会のようななごやかな風景がそこここで見られる。
除夜の鐘を撞かせて貰えるのも、参拝者には嬉しいサービスだろう。あきる野市内には現在24口の梵鐘があり、除夜の鐘を参拝者が撞くことができるところがある。法林寺の鐘は23時30分頃から開始。希望者多数の場合は待ち時間もそれなりなので、時間に余裕をもって並ぶこと。運が良ければ、先着200名様限定の温かいけんちん汁をいただけるかも。

 
名 称
臨済宗南禅寺派法林寺(りんざいしゅうなんぜんじはほうりんじ)
住 所
あきる野市小川東2-12-10 MAP
電 話
042-558-5269
ご利益
無病息災・家内安全
例年の参拝者数
300〜400人(12月31日のみ)
交通案内

JR五日市線/東秋留駅より徒歩15分

車/睦橋とおり、睦橋西側マクドナルド裏 駐車場有(50台)

ウォーキング
古き良きアメリカ薫る-横田基地・酒蔵・多摩川を歩く

古社寺を巡り、旧鉄道跡から太古の川辺を訪ねる
市内スポット
市内の駅・鉄道    市内の神社仏閣    市内のアウトドア    市内の公園・遊歩道    市内の美術館博物館
イベント
あきる野市のイベント
その他
東は福生市羽村市、西は檜原村奥多摩町、南は八王子市、北は日の出町青梅市に接している。

自然豊かな秋川渓谷沿いには多くのキャンプ、バーベキュー施設があり、行楽シーズンは賑わう。

近年、あきる野東急ほか企業誘致や再開発によりめざましい発展をとげている。
  アウトドア・バーベキュー情報
 
 
    
     
  拝島大師
昭島市
 
 
出店数600店、多摩の正月には書かせない!
イマドキの平成多摩だるまが大集結

大きな地図で見る


天正6年(1578年)創建。北条氏照(うじてる)の家臣石川土佐守が娘おねいの眼病全快を感謝して寄進した大日八坊の一つで、比叡山延暦寺の中興の祖として知られる、良源(元三大師、慈恵大師)を祀る。正式な寺名を「拝島山本覚院三大師堂」といい、厄除け大師として名高い。
ご本尊の慈恵大師像は、大師の自刀自作によるもので、比叡山延暦寺(えんりゃくじ)の寺宝であった。元亀2年(1571年)、比叡山が織田信長の焼き討ちにあった際、敬たん大僧都(けいたんだいそうず)が像を救出し、諸国を遍歴した後、この地に安置したのが寺の始まりとされる。
境内には文政2年(1819年)再建の大師堂をはじめ、文殊楼、鐘楼、多宝塔等が建ち並ぶ。拝島大師大梵鐘「ちぶさの鐘」は、お大師様とその母「月子姫」との情愛にちなんだ故事の由来があり、いつでも撞かせていただける。

永観2年(984年)に元三大師が疫病を退散させたという逸話に基づく「厄除け団扇(うちわ)」が人気だが、正月2日・3日にひらかれる多摩エリア最大のだるま市はつとに有名で、初詣がてらの参拝者が詰め掛ける。目を入れる縁起かつぎは、蚕がよく育つようにとの願かけから最初に始まったため、明治期に横浜へ絹を運ぶルートの途中にあった拝島で、だるま市が発展したと考えられる。
600店もの出店に並ぶだるまは、店ごとにデザインやお顔立ちが微妙に異なり、時代とともにカラーバリエーションも増えて、ひとつひとつ個性豊か。多くの店でオープン価格制なので、縁起物であることを考慮しつつ、ほどよく値切ることを楽しんでいただきたい。

 
名 称
拝島大師本覚院(はいじまだいしほんがくいん)
住 所
昭島市拝島町1-6-15 MAP
電 話
042-541-1142
ご利益
家内安全・商売繁昌・交通安全・病気平癒・学業成就・合格祈願・厄払
例年の参拝者数
200,000人
交通案内
JR青梅線昭島駅より徒歩20分

JR立川駅より立川バスにて拝島営業所行き、拝島大師前下車、徒歩1分
駐車場あり120台

その他

「だるま市」
1月2〜3日。多摩地域でもっとも規模の大きいだるま市として有名。

ウォーキング
古き良きアメリカ薫る-横田基地・酒蔵・多摩川を歩く

古社寺を巡り、旧鉄道跡から太古の川辺を訪ねる
市内スポット
市内の駅・鉄道    市内の神社仏閣    市内のアウトドア    市内の公園・遊歩道    市内の美術館博物館
イベント
昭島市のイベント
その他
JR昭島駅前のショッピングモール「モリタウン」やテニスコート、ゴルフ場、シネマコンプレックス、フォレストイン昭和などのレジャー施設が充実の「アーバンリゾーツ昭和の森」がある。
1961年8月に多摩川でクジラの化石が出土し、「アキシマクジラ」と命名された。
多摩川日野用水堰近くの河川敷を利用したあきしま水辺の楽校、用水に沿った水辺の散歩道多摩川緑地くじら運動公園など、自然を生かした施設が多い。
  アウトドア・バーベキュー情報

   
 
みなさまにとって素晴らしい年になりますよう・・・
 
 
 
 
新規ホームページ制作・リニューアル・SEOをお考えの方はこちらをご覧下さい
 
Copyright (C) Tachikawa Online. All Rights Reserved.