多摩武蔵野の情報誌サイト タチカワオンライン − 日帰り温泉、美容室、グルメ、ショップ、美術館、酒蔵、ウォーキング、コラム
立川 八王子 多摩 町田 府中 調布 狛江 三鷹 武蔵野 小金井 国立 国分寺 青梅 あきる野 奥多摩 福生 その他エリア
シーズン情報 湯めぐり ウォーキング 美術館・博物館 ビューティー ショップ アウトドア プール 花火 イルミネーション イベント

 
 多摩武蔵野のおすすめグルメガイド-
TEL:042-661-2700
和食・日本料理(炭火焼)/八王子市
 
いろりの里 高尾山名主 ごん助
いろりのさと たかおさんなぬし ごんすけ
 
 
住所 東京都八王子南浅川町4608 MAP
営業時間 11:00〜22:00(LO 20:30)
定休日 無休
TEL 042-661-2700
席数 500席
平均予算 5,000円
備考

個室有、座敷有、駐車場有

 
アクセス
  JR高尾駅から車で約15分/京王線高尾山口駅から車で約5分  駐車場70台収容、大型バス駐車可  MAP
  東京方面からは中央道八王子IC第2出口より約30分。相模湖東ICより約12分。甲府方面からは相模湖ICより約18分
 

・離れや個室でワイワイ楽しめる
・山里の村で雰囲気満点
・自分で焼いて食べられる炭火焼
・掘りごたつの部屋もあります
昔懐かしい囲炉裏をみんなで囲んで炉端焼き
・夜はたいまつの明かりで雰囲気抜群
・大広間は20名〜130名までの宴会可
・川魚、お肉、野菜・・お好きなコースをどうぞ

主なメニュー
●コース料理 
食前酒、小鉢三品、我が家のでんがく、麦とろご飯orとろろそば、お口直しは共通(お子さま以外)で焼き物の内容により、各種コースがあります。
・黒潮(くろしお) 6,300円 

(参考メニュー内容)食前酒、殻付活ほたて貝 鬼海老 牛フィレ肉 殻付かきのバター焼 岩魚 ずわい蟹 どんこ椎茸 串野菜盛り ごん助もち、小鉢三品、我が家のでんがく、麦とろご飯orとろろそば、お口直し

・おまつり 6,090円  ・やまぶし 6,090円  ・おはやし 5,880円

・おみこし 5,670円  ・おまかせ 5,460円  ・川魚  5,040円
・おきまり 4,730円  ・お子さま 2,100円  
●一品料理 

・イワナの活き造り 1,200円   ・鹿馬刺し盛り合わせ 1,200円
・骨付きソーセージ 470円 ・焼きはまぐり 470円  
・ひめさざえの浜焼き 520円  ・ずわい蟹の炭火焼 770円  
・かえるのモモ 1,200円  ・すずめの姿焼き 800円 
・うずら鶏の姿焼き 800円 他サラダ、焼物など多数

●その他 
・宴会料理 飲み放題付 5,300円〜(15名様以上・2時間)
 
 
ここは奥高尾。離れの囲炉裏端で味わう豪快炭火焼料理
 

 甲州街道に沿って、八王子市街を抜け、高尾山前もさらに西へ。しばしして相模湖方面に抜ける大垂水峠に差し掛かる。峠の中腹にあらわれるのが、今回ご紹介する「いろりの里 高尾山名主 ごん助」だ。ドライブの道すがら、印象的な「ごん助オヤジ」の石像を見たことがある人も多いだろう。

ごん助の敷地は両側に山が迫り、文字通りの「山村」の風情。一足踏み入れると、田舎に里帰りしたような、懐かしい気持ちになる。こちらで味わえる料理といえば、広大な敷地に点在する離れの囲炉裏端で頂く、野趣あふれる「炭火焼」の数々。メニューは炉端焼きメインのコース仕立てになっていて、個室でゆったり、ン目の前の炭火で自由自在に焼きながら食べるスタイル。
各種コースは焼き物の嗜好に合わせて選べるよう、構成されていて、 川魚が好きな人は、川魚がメインのコースを選べば良いし、肉が好きな人は肉が多い物、海鮮、その他ミックス型・・と実にさまざま。グループ単位で、コースを揃えなくてよいのが嬉しい。好きなものを銘々選んで、シェアして食べるのもいい感じ。
取材中、 カップルやお子様連れの家族が実に楽しそうに和気あいあいと食事を愉しんでいる姿がそこかしこに。 ここは「ごん助村」。受付は「村役場」。美味しいことはもちろん「楽しい食事」を囲みに一度ごん助村に出かけてみてはいかが。

 
「村役場」こと受付でメニューを選び、部屋番号と地図を片手に、小道を伝って離れに向かう。樹木や山を眺めながらちょっとした散策、いや探検気分で、自然と気分が盛り上がってくる。点在する離れからは暖かい光と煙がもれて情緒たっぷり。取材時は夜で「お囃子」の音が響き、赤々としたたいまつが村内を照らしていた。そうこうして奥まった場所に今回のお部屋「三十七番」を無事発見。ガラガラ・・と引戸を開けると、囲炉裏に自在鉤。侘びたしつらえといい、まるでタイムスリップしたよう!ボリュームのある小鉢三品を食前酒片手につつきながら、炭火焼にトライ。ちなみに今回は「おはやしコース 5880円」と「おみこしコース 5400円」を頂いた。  

写真を見れば、一目瞭然。実にバラエティ豊かでボリューム満点。岩魚や鮎、しゃも、ひな鶏、牛フィレ、焼貝各種、季節の山菜、野菜が盛りだくさん。塩や、タレが添えられているので、自分の好きな焼き加減で、自分の好きな味にカスタマイズ!
焼きすぎだの、まだ焼けないだの、一口食べてみたら・・など盛り上がること、保証いたします。それぞれの素材の良さもお墨付き。ちなみに私は「塩派」。炭火で香ばしい香りと旨みが一層ふくらんで、焼きたてを次々にほおばる幸せ。
他に全コースにつくのが、人気の定番「ごん助もち」「我が家のでんがく」「麦とろご飯かとろろそば」。ごん助もちはこの炭火で、串に刺した餅を焼いて食べるのだが、これがまた、炭火焼独特の香ばしさがあって美味しい。

 
取材をしつつ、絶妙な焼き加減で仕上げた私の力量もありますが(笑)「昔の人はこうやって、炉端で餅を焼いて食べたんだなあ・・」と思うと、ちょっと羨ましくもなります。さて、単品料理も充実。野趣味あふれる鹿馬刺し盛り合わせや、かえるのモモ(!)、すずめの姿焼き、 ・うずら鶏の姿焼きなど、なかなか普段味わえないもの他、新鮮な季節の川の幸、山の幸、海の幸が並ぶ。美味しいことはもちろん、「思い出づくり」ができるお店だと感じた。
おはやしコース 海・山・川の幸が
おみこしコース 立派なまこも竹!

20p超!立派な「鬼海老」1尾1,500円

ぷりぷりの骨付きソーセージ 470円
お酒が欲しい!牛たたき 980円
珍しい!馬刺し 1,000円
空間

空間ごん助の大きな特徴に、山間の地形をいかしながら、日本人なら誰でも懐かしく思う「村」の風景を再現していることがあると思う。民具や農具、レトロなアイテムに囲まれて、おのずと昔話の中に入り込んだような不思議な感覚に包まれる。そして、それが心地よい。
    
実際に食事を愉しむ場所は先述の通り、敷地内に点在する離れ家。ゆっくりくつろげる畳敷きで、隣を気にすることもなく、くつろげること間違いなし。座敷が苦手な方は、離れではないが、母屋内の掘りごたつ式の個室を利用することができる。受付時に申し出ればよいが、必ず、という場合は予約時に言っておいた方が間違いないだろう。団体宴会は、飲み放題付きのコースなどもあり、離れの部屋で30名まで、大広間ではなんと130名までOK。実に豪快な宴会になりそう!バス送迎もあるので、全員飲めますよ。最後に、ごん助に来たら、楽しいのがお土産選び。なかでもコースに登場する「我が家のでんがく」はお味噌もついて人気があるそう。大昔の飲んべえが腰に下げていたような、珍しい「どぶろく」も、楽しいお土産だ。

 
夕暮れには幻想的な雰囲気に

色々あって飽きない待合いスペース

なんとも味わい深い離れで

グループ向きのお部屋もあります
人気の「でんがく」はお土産にできます
ずらりとならんだ「どぶろく」お土産に人気
掘りごたつ式のお部屋はこちらから
懐かしい感じのお部屋
「どぶろく」を飲んだことありますか?
ご挨拶奥高尾の山ふところにいだかれた「いろりの里 ごん助村」。点在する家々からは、今日もいろりの煙が天高く立ちのぼっています。ごん助村のごちそうは、海老にステーキ、ひな鳥、野菜、特製のごん助餅・・・。
素朴なお献立ですが、村の衆の温かい、心づくしのおもてなしです。カンカンになった炭は、少々煙たい料理の名人。遠火の強火でジュッジュッと香ばしく焼き上げて下さい。仕上げには、いろりで湯気をあげるあつあつのなめこ汁。お好みで麦飯とろろかとろろそばをどうぞ。大切な方とくつろぐ暖かな炉辺。真っ赤な炭火を囲んでいると、いつのまにか心までほかほかしてきます。

送迎バスや飲み放題メニュー、130名様が一同に集える大広間もございますので各種会合などにも、お気軽にご利用下さいませ。
大垂水峠のつづら折りの途中にあります、ごん助村へのお越しは道中、お気をつけてお越し下さい。ごん助親父が目印です。
それでは 皆様のご来村を村民一同心よりお待ち申し上げております。
 
 
 
 
 
新規ホームページ制作・リニューアル・SEOをお考えの方はこちらをご覧下さい
 
Copyright (C) Tachikawa Online. All Rights Reserved.