所在地: 東京都昭島市宮沢町500番地1
電 話: 042-500-7011
営業時間:午前9時〜午後10時
駐車場: 1,511台
敷地面積:26,447u
延床面積:56,466u


「ジャスコ昭島店」を核店舗に57の専門店と飲食・サービス施設などで構成されていて、毎日の暮らしに必要な商品をお値打ち価格で提供し、地域の皆様の期待にお応えできるようなSCづくりを目指しており、1階は食料品を中心にサイクル、ガーデニングのフロアで、2階はファッションのフロア、3階はキッズとホームファッション、デジタル家電のフロアの構成になっている。
グランドオープン前の7月8日〜14日には昭島市周辺の障害者、社会福祉団体の方を招待し、従業員がお買物のお手伝いをするという試みも行われた。
1階食料品売場は、3,960uと地域最大級の広さで、惣菜売場、水産売場などで対面販売を強化している。
お客様にお好きな量だけお買い求めいただける商品の充実を図っていて、焼酎の量り売りなどはお薦めだろう。

鮮度と旬を大切にし昭島地区周辺の生産者の方々と契約し、採れたて新鮮野菜の「武蔵野野菜コーナー」を設けたり、事前の付近住民アンケート調査の結果、「まぐろを好む地区」という事からまぐろ売場の充実させまぐろの解体ショーを取り入れる事で、地域ならではの趣向をこらしている。

そのほか雑貨店、ペットショップ、クリーニング店、DPE等が出店。
食品専門店では、新潟県産コシヒカリと新鮮な食材で作ったこだわりおむすび専門店の「おむすび伝」や地元昭島市の惣菜店「いい菜&ゼスト」等、惣菜やデザートの専門店が合わせて9店出店している。

1階の正面入口には、手早く少量の買い物をすませたいお客様のために、店舗内のコンビニエンスショップ「イオンエクスプレス」を設置。
また、水へのこだわりを持つお客様のニーズに応えて、麦飯石自然ろ過方式のミネラル軟水を生成する「おいしい水工房」の自動販売機を設けている。
2階衣料品売場では、車椅子でも利用できる広さで、座って着替えができる台座を設えた試着室があるほか、専門店ゾーンは、フードコート、アパレル、宝飾、雑貨、靴、鞄、クリニック等が軒を連ねる。
フードコートでは、イオン初出店のカフェ「ブレンズコーヒー」等5店舗が出店しているほか眼科や歯科もある。
3階キッズ売場は、買い物がしやすく、わかりやすい売場を目指し、子供服や玩具などお子様に関連する商品を一ヶ所にまとめ、地域でも最大級の2,800uの規模。デジタル家電売場では、パソコン、デジタルカメラ、オーディオビジョン、計帯電をを一ヶ所にまとめた「デジタルワールド」を展開。
またビジネス文具を学童文具と分離させることでより選びやすい売場になっている。
3階専門店ゾーンは、書籍、トラベル、ご家族で利用できる理美容室や室内ゆうえんち「モーリーファンタジー」があったり、買い物中や出かける時に子供を預かってくれる保育所の「ちびっこランド」では保育士の資格を持った専任スタッフがお世話をしてくれる。

同日10時よりフォレスト・イン昭和館で行なわれた記者会見には、取締役兼代表執行役会長の常盤敏時氏、執行役関東カンパニー支社長の向井穣氏、ジャスコ昭島店長の滝野哲也氏が出席し、「基本的にチラシは月に2回折込み予定だが、いつ来ても値段があまり変わらない、価格の信頼性。安心安全のイオンを目指したい」と語り、「ショッピングの空間を大切にし、広い通路、高い天井とゆったりショッピングできるように心がけ、各階ごとにレジを集約し、商品を一ヶ所で清算できる集中レジ方式を採用した事で利便性を考慮した」と述べていた。